口コミパワーの凄さを痛感。それは小学生でも。

スポンサーリンク

妖怪ウォッチ大人気ブームの火付け役となったアニメ版の「妖怪ウォッチ」。その背景にはあなどれない小学生の口コミ力があった。

アニメ放送を観た子どもたちを夢中にさせる 、綿密に練られた仕掛けによって、ゲームや玩具は爆発的な売れ行きを見せ、今や社会現象にもなっている。子供たちのツボを刺激するポイントを探った。

現在の状況は

  • ニンテンドー3DS版ゲームは販売本数100万本
  • 「妖怪メダル」は本年1月の発売から3ヶ月で700万枚
  • 主題歌「ゲラゲラポーのうた」のシングルは初登場4位を記録
  • アニメは開始当初から視聴率6%台を記録

と絶好調。

その理由は、小学生が自然と話題にしたくなるツボをしっかりと押さえている。

  • 日常生活で起こる出来事が題材
  • ギャグがふんだんに使われている
  • 登場するキャラクター名が覚えやすい
  • 30分枠の中で6~7分の1話完結ものがショートコント風に何本も入るスタイル

んんー、なるほど。ではこれさえ抑えておけばなんでもヒットするのか、というとそういう訳ではないですが、重要なポイントはしっかりとおさえられているんですね。

こちらでさらに詳しく解説されていますのでチェックしてみてください。

http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/147378.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA