妖怪ウォッチ 入荷薄状況に販売現場から怨嗟(えんさ)

大人気の 妖怪ウォッチ ですが、販売の現場からは怨嗟の声が上がっているようです。

たかだか180円のメダルのために、整理券発券のために早めに出勤したり、人員整理をしたり、と気持ちはよくわかります。。。

早く供給が安定して、買いたい人は買える状態になることを祈ります。

いま、子どもたちの間で大流行なのが、『 妖怪ウォッチ 』。今年1月に発売された腕時計型の玩具「DX妖怪ウォッチ」も大ヒットし、時計にセットする「妖怪メダル」は品薄状態が続いているが、一部からは、こうした狂騒に対する怨嗟の声があがっている。

中略

「近所のスーパーに妖怪メダル入荷! 1人3パックで、家族4人で計12パック!!」
「トイザらス平塚に、本日2000個入荷!!1人1限です」
「昨日、ビックカメラ有楽町店に 妖怪ウォッチ のメダル、第一弾、第二弾とも突然入荷があったそうです。 今日、行ってみたら当然売り切れでした」

など、ツイッター等に登場した“目撃情報”を紹介。ヤフオクでも両商品は高騰しており、定価の3倍以上の値段が付いているものはザラだ。

中略

購入希望者を整理する人員の出動や、整理券発行などを余儀なくされ、同店に勤務する30代女性によれば、一部からは「180円(妖怪メダルの定価)×50枚のために……」という声も登場したとのこと。

全文はこちらから

http://yukan-news.ameba.jp/20140421-170/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA