メラメライオン

スポンサーリンク

メラメライオン

merame

憑りついた相手を熱血にする妖怪。テレビアニメの第六話から登場。

「そこ、そんなにがんばらなくっても」という時でも、取り憑いた人間を熱くがんばらせてしまうめんどくさい妖怪。

妖怪不祥事案件の一つ、やる気の押し売り。メラメライオンに取り憑かれた人間は、空気を読まず一人で一生懸命になってひんしゅくを買うことに。

ケータに取り憑き掃除係、ゴミ捨て係、植物の水やり係、トイレ掃除係をすべて引き受ける熱血ぶりを発揮。取り憑かれた人間は「いっとこーよ!」「がんばっていこう!」「気合いだ!」などと言い出す。

カンチ、フミちゃんも餌食なるが、「離れて」とひも爺が交渉するとすんなり離れてくれる素直な妖怪。

ホノボーノによりほのぼのしたフミちゃんの可愛さに「超かわいい、ありじゃねぇ」と好意を抱きケータと友達に。

メラメライオン自体は「メラ」「メラメラ」としか喋れないため、コミュニケーションをとる際は、話が出来る妖怪に通訳をしてもらっている。

召喚ソング

イサマシ族のメラメライオン。召喚ソングはイサマシ、メザマシ、イラッシャイマシー。

妖怪メダル

merame_02

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA